Labo Land

こんにちは、五月祭映画で医学部マンを担当したMr. Kです。

この映画は、体調を崩した主人公を医学部マンが見つけ、医学部研究室で治してもらおうとするストーリーです。また、大人気のあの人も登場します。

 

皆さんには、この映画を二つの視点から見てほしいと思っています。

 

一つは、医学部にはどんな研究室があるのかを、この機会に知ってほしいと思います。医学部には、病気そのものの研究だけでなく、生命の仕組みを解き明かす研究も沢山行われています。そして、生命の仕組みを解き明かす研究も、最終的には医学的成果を上げています。

 

もう一つは、出演者の立場から考えてみてください。私は、この映画撮影で全身白タイツを初めて穿きました。また、紙皿を使ったお面は、前が見えないので、たくさん足をぶつけています。それでも、誰かがこの役をやらなければ、映画は成り立ちません。世界は誰かの仕事できている。